在留期間更新許可

在留期間更新許可とは

外国人が現在与えられている在留資格と同一の活動を行うためには、在留期間更新許可の申請をする必要があります。日本に入国する際に与えられる在留資格には、ほとんどに「在留期限」が設けられています。在留期限が切れる前に最寄りの入国管理局等でこの手続きを行います。この手続きを行わずに、そのまま在留し、期限を過ぎてしまうと不法残留となり、退去強制の対象となりますので、注意が必要です。なお入管法第21条第3項によれば「法務大臣は、在留期間の更新を適当と認めるに足りる相当の理由があるときに限り、これを許可することができる」とされておりますが、更新を申請すれば必ず許可されるものでもありません。資格外活動許可の申請もせず、活動範囲外の活動を行ってしたり、犯罪による処罰を受けた場合など、更新が不許可になる可能性もあります。

必要な書類

  1. 在留期間更新許可申請書
  2. 身元保証書
  3. 外国人患者に係る受入れ証明書

※入院して医療を受けるため、日本に相当期間滞在しようとする場合に提出する書類